Anothe of japan Yamagata
~山の向こうの、もう一つの日本。山形~Summer in Yamagata <夏編>

飛島(酒田市) Tobishima
羽黒山(鶴岡市) Mt.Haguro
やまがたワインバル(上山市) Yamagata Wine Bar
銀山温泉(尾花沢市) Ginzan Onsen
新庄まつり(新庄市) Shinjo Festival
山寺(山形市) Yamadera
花笠まつり(山形市) Hanagasa Festival

【春編】Anothe of japan Yamagata ~山の向こうの、もう一つの日本。山形・春~
【秋編】Anothe of japan Yamagata ~山の向こうの、もう一つの日本。山形・秋~
【冬編】Anothe of japan Yamagata ~山の向こうの、もう一つの日本。山形・冬~

周辺の情報

ピンをクリックすると詳細情報が表示されます。

飛島Tobishima (Sakata-city)

山形県唯一の離島「飛島」。 酒田港から北西39kmに位置し、定期船「とびしま」で75分です。 飛島は渡り鳥の中継地として、春と秋の鳥の渡りの時期には多くのバードウオッチャーで賑わいます。 また、大物を求める釣り客をはじめ、花を見ながらのトレッキング客も多くなっています。 鼻戸崎展望台付近は、日本海と鳥海山を臨む眺望抜群のポイントです。 ※飛島は『やまがた景観物語』に選ばれています。

羽黒山Mt.Haguro

羽黒山・湯殿山・月山の出羽三山は、全国有数の修験の山として知られています。その中で羽黒山(標高414m)には、三山の神を合祭した社殿・三神合祭殿が山頂にあります。参道には国宝五重塔があり、2446段の石段と杉並木が続き、神聖な雰囲気を漂わせています。 五重塔と表参道杉並木の景観は、やまがた景観物語おすすめビューポイントとなっています。

やまがたワインバルYamagata Wine Bar

心地よい香りと豊かな味わいが自慢のかみのやま産のワインや、味わい深い県内外のワイン、そしてワインに合う様々なフードを楽しめるイベントです。

銀山温泉Ginzan Onsen

康正2年(504年前)日本三大銀山の一つ、出羽延沢銀山として栄えた後堀子共が中沢に湯の湧き出てるのを発見したもので湯治場として知られ、銀山川をはさみ山の湯らしい独特のふん囲気をもった温泉。 昭和43年11月国民保養温泉の指定を受けている。 最近温泉街の入り口付近に足湯が設置されました。 静かに流れる銀山川を挟んで、大正から昭和初期に建築された木造宿が軒を連ねます。 ガス灯と夜霧に濡れた石畳が映える夕景や、冬の雪景色は絶景です。 特にしろがね橋からの眺めはおすすめです。

新庄まつりShinjo Festival

今から260年前、凶作に打ちひしがれた領民を時の藩主戸澤正諶(まさのぶ)が希望を持たせようと祭典を行ったのが起源とされている歴史ある祭りです。 きらびやかな装飾を施し絢爛豪華を競う日本一の山車行列、古式ゆかしい神輿渡御行列(みこしとぎょぎょうれつ)、風雅な鹿子踊(ししおどり)などが披露され、勇壮にして華麗な3日間、まつり囃子の響きが町中を包み込みます。 平成28年に全国各地の「山・鉾・屋台行事」32団体とともにユネスコ無形文化遺産に登録されました。

山寺Yamadera

宝珠山立石寺を中心とする山寺は、慈覚大師が貞観2年(860)12月、清和天皇の勅許を得て創建した古刹と伝えられ、全山を構成する角礫凝灰岩は永年の水蝕と風蝕によって奇岩怪石を残し、これが樹間に隱顕し四季おりおりの景観は絶佳です。 奥の院に到る参道石階は、立ちならぶ句碑や板碑と共に苔むして老杉怪石の間に立ち、幾多の堂塔を配し千古の静寂をたたえています。 元禄2年(1689)俳聖松尾芭蕉も門人河合曽良とともに訪れて一泊し、『閑さや岩にしみ入る蝉の声』の名句を「おくのほそ道」に残しています。

花笠まつりHanagasa Festival

威勢のいい掛け声と花笠太鼓の勇壮な音色。 華やかに彩られた山車を先頭に、艶やかな衣装と紅花をあしらった笠を手にした踊り手が、 山形市のメインストリートを舞台に群舞を繰り広げる、 山形の真夏の夜をこがす、華麗なまつり。