エンジョイやまがた

山形は日本一の滝王国。
まだ知らないたくさんの滝と出会いたい。

全国には約2500の滝(落差5m以上)があると言われていますが、
山形県はその1割に近い230もの滝を有する、滝の数日本一の滝王国です。
そんな滝の魅力に惹かれ、県内各地を巡る活動を続けている滝マニアが山形にいます。

滝マニアである武田賢一さんは、およそ15年前から滝を巡る活動をスタート。はじめは県内の風景写真を撮影していましたが、次第に滝の魅力に気づき、様々な滝を巡るようになりました。今では、県内に限らず、県外の滝巡りも行い、巡った滝の数はおよそ500箇所にも及びます。撮影したこの日は、山形市の宝沢付近にある垢離場(こりば)の滝へ。武田さんにとっても初めて訪れる滝になります。­

­スマホで写真を撮影しながら山道を進む武田さん。これは自分のためでもあるが、他の人が来た時に参考になるように道中も撮影しているとのこと。

「自分が好きなことを、他の人も好きになってくれたら嬉しいので、私が知る限りのことはいろんな人にも教えてあげたいと思っています。自分自身もまだ知らない滝や行ったことが無い場所があるので、これからも時間が許す限りは様々なところに出向きたいです。」

五感で楽しめるのが滝の魅力だと武田さんは語ります。

「まず見た目の美しさを楽しめます。そして近づけば滝の音を感じるし、水しぶきを浴びるのも滝ならでは。日によっていろんな形にも変わる、写真では伝わらない感動があると思います。せっかく『日本一の滝王国山形』にいるのだから、観光という視点でも“滝”に行くことを候補に入れてみてもいいんじゃないでしょうか。」

行ってみないと分からない感動があります。知らないと価値に気づかないかもしれません。山形の滝のことを知り、実際に行ってみることで、今までに出会う機会のなかった#エンジョイやまがたが見つかるかもしれません。

撮影日:2019年10月20日(日)
場 所:垢離場の滝(山形県山形市上宝沢)