文化山居倉庫湊町・酒田のシンボル「山居倉庫」

文化文化施設施設通年庄内/酒田市

米どころ庄内のシンボル山居倉庫。明治26年(1893)に建てられた米保管倉庫です。米の積出港として賑わった酒田の歴史を今に伝え、NHK朝の連続テレビ小説「おしん」のロケーション舞台にもなりました。白壁、土蔵づくり9棟からなる倉庫の米の収容能力は10,800トン(18万俵)。夏の高温防止のために背後にケヤキ並木を配し、内部の湿気防止には二重屋根にするなど、自然を利用した先人の知恵が生かされた低温倉庫として、現在も現役の農業倉庫です。敷地内には酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽」、庄内米歴史資料館が併設され観光客で賑わっています。樹齢150年以上のケヤキ36本の連なるケヤキ並木の色合いは、季節とともに変わり見る人を魅了します。

詳細情報を見る
※「やまがたへの旅」HPのページへ移動します。

周辺の情報

  • 文化文化
  • 自然自然
  • 食
  • まつりまつり
  • 温泉・宿温泉・宿
  • スポーツスポーツ
  • 施設施設
  • 特集特集
  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬
  • 通年通年

関連動画