文化山寺

文化文化自然自然通年村山/山形市

宝珠山立石寺を中心とする山寺は、慈覚大師が貞観2年(860)12月、清和天皇の勅許を得て創建した古刹と伝えられ、全山を構成する角礫凝灰岩は永年の水蝕と風蝕によって奇岩怪石を残し、これが樹間に隱顕し四季おりおりの景観は絶佳です。 奥の院に到る参道石階は、立ちならぶ句碑や板碑と共に苔むして老杉怪石の間に立ち、幾多の堂塔を配し千古の静寂をたたえています。 元禄2年(1689)俳聖松尾芭蕉も門人河合曽良とともに訪れて一泊し、『閑さや岩にしみ入る蝉の声』の名句を「おくのほそ道」に残しています。

詳細情報を見る
※「やまがたへの旅」HPのページへ移動します。

周辺の情報

  • 文化文化
  • 自然自然
  • 食
  • まつりまつり
  • 温泉・宿温泉・宿
  • スポーツスポーツ
  • 施設施設
  • 特集特集
  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬
  • 通年通年

関連動画